台湾の軽食
  •   昔の農業社会時代から今まで、台湾の沢山の伝統軽食は依然として元の面貌を維持して、沢山の軽食も時代の変遷と、消費者に迎合するために、多元化の味を生み出しました。
      台湾の軽食文化は台湾の飲食文化の重要な代表の一つだけではなく、更に台湾の日常文化の縮図と言えます。台湾に来て軽食を食べて、北から南まで、至る所にすべて台湾の多元化の軽食を味わうことができて、深く台湾の飲食文化を感じられます~
  • 台湾風カキのお好み焼

    台湾風カキのお好み焼きは昔に「煎食追」と称して、台湾の最も代表できる軽食の一つです。これは薩摩芋の粉と牡蠣、豚肉、シイタケなどの食材と一緒に炒めた餅の形の食べ物です。
  • ちまき

    今のちまきは、素食と肉入りちまきを除いて、また卵、落花生、シイタケ、海鮮などの食材を入れます、ここ数年来養生の気風が盛んに行われて、沢山の業者も五穀ちまきなどの新しい品物を研究開発しました。
  • 唐揚げ

    台湾地区、今は多元化になっています。例えば大きさに勝負する「大きい唐揚げ」も、健康を主にする「日本式唐揚げ」も、或いは特殊なソース、香料をかけた「チーズ味の唐揚げ」もあります。
  • 碗粿

    シイタケ、卵、肉、ネギなどの食材を碗の中に入れて、更に味付けた米のどろりを入れて攪拌して、最後に蒸して、食べる時に個人の好きなソースをかけて、これは台湾の有名な軽食の「碗粿」です。
  • 臭豆腐

    台湾のあちこちによく見られる軽食の「臭豆腐」は、独特な匂いと外観がいつも人に好奇心を動かして食べて見たくさせます。食べる時に個人の好みに従って、漬け物とソース、唐辛子をかけても良いです。
  • 担仔麺

    担仔麺の源は台南で、メンの中に特製の肉ソースを入れて、またもやし、中国パセリ、ニンニク、酢、干しエビおよび特殊な秘方を加えて、「担仔麺」はこんな簡単なおいしい台湾の軽食です。
  • 店の情報



    ※台湾の軽食
     台湾の美食は林立して、台湾に来て美食を味わうのは島国の変遷と族群の融合などの多元の飲食文化です。
     飲食文化から台湾の伝統の民俗風情、人民生活と地区特色を理解したいならば、台湾「軽食」からスター
     トした方が良いです。


     台湾の軽食は北から南まで、種類が非常に多くて、口当たりも多元です。
     台湾各地の県市政府がよく各地の美食と軽食の選抜を行って、台湾の軽食は台湾の飲食文化の一つの代表
     だけではなく、同時に台湾が国際観光を推進する一つの最も強い力と言えます。


     多元の美食を享受したいならば台湾に来て、台湾の軽食はきっとあなたに忘れられない体験をさせます!
  • 營業地址:台南市安平區